アーチェリーのプレイスタイルを選ぶ

アーチェリーは、趣味で楽しむか、競技としてするのか自分のプレイスタイルによってどの種類を選ぶか決まります。

アーチェリーのプレイスタイルを選ぶ

アーチェリーのプレイスタイルを選ぶ アーチェリーは非常に多くの競技形態があります。日本では、主にアウトドアターゲットアーチェリー、フィールドアーチェリー、インドアアーチェリーの3つが盛んです。その他にもスキーアーチェリーもあります。オリンピック種目にも選ばれました。アーチェリーは生涯スポーツとして注目されています。

まずまず必要な物は、何と言っても弓です。アーチェリーで用いられる弓は主に3種類あります。リカーブボウは、オリンピック競技でも用いられる日本で最も普及しています。コンパウンドボウは、滑車の力を使い少ない力で弓を引く事ができ、世界的に見て最も普及している弓で、滑車を用いた構造で、リリーサーという道具で矢の発射を行うため、矢の発射が機械的に安定しておりリカーブボウに比べて的中精度は高いです。

ベアボウは、もっともシンプルな弓で、弓の構成パーツがハンドル、リムだけと限られています。厳密には一定の直径の穴を弦を張らない弓が通り抜けられればよいので、小さな錘をハンドルにつけることは許されています。自分のプレイスタイルによってどの種類を選ぶか決まります。趣味として楽しむなら、コンパウンドボウがお勧めです。本格的に競技として始めるなら、リカーブボウを揃えましょう。
Copyright (C)2014アーチェリーのプレイスタイルを選ぶ.All rights reserved.